見積もり書がダメ2014/06/04 02:06

夕方、急ぎの資料を全力で作成している部下Aに、はす向かいに座っているおツルさんが唐突に話しかける。

おツル:「ねえちょっと」
部下A:「はい?」

作業に集中している部下Aは手を止めること無く上の空で応じる。

おツル:「この見積もりなんだけど」
部下A:「はい?:」

相変わらず部下Aはおツルさんを見向きもせずに言葉だけで返事する

おツル:「これ」
部下A:「なんですか?」
おツル:「ちょっと(来て)」

部下Aは渋々席を立ち、並んでいる机の反対側、おツルさんの脇に移動する。

部下A:「はい、なんでしょう?」
おツル:「この見積り書見て何か思わない?」
部下A:「??」

おツル:「見積もり内容の書き方よ」
部下A:「見積り内容欄に見積もり前提が書いてありますね」
おツル:「でしょ?、記載順が逆でしょ?」
部下A:「前提書いて内容も悪くは無いですけどね」

おツル:「でも、項目には"内容"."前提"って書いてあるから"内容"が先でしょ」
部下A:「まあそうですね(どっちでも良いよ)」

おツル:「なんでこんな資料作るのかな?」
部下A:「誰が作った見積書なんですか?」
おツル:「知らないっ(怒)」

部下A:「はあっ??(じゃあ何故わざわざ俺を呼んでまで責めてる?)」

おツル:「こんな書き方で客には出せませんっ」
部下A:「はあ・・・(だから俺に言われてもどうしようも無いって)」

おツル:「この件はKさんが知ってるから、指導して書き直させて」

部下A:「はあ・・(誰が作ったのか知ってんじゃんよ)」

部下A:「今は手が空かないので.後で良いですか?
おツル:「良いわよ」

部下A「・・・」

伝言2014/05/10 01:18

おツルさんの部下Bは始業直前に、同じく部下Aから、午前半休を取る旨の連絡を携帯のメールで受けた。部下A、B共に裁量労働なので1分でも出社すれば良く、実際は半休はないので、つまりは午後から出社するという事である、各自の裁量で業務にあたるので何時に出社しようが自由である。

部長であるおツルさんも当然裁量労働であり、始業時刻から15~20分くらい遅れて出社してくるが当然それも自由である。

きょうのおツルさんは始業後10分で登場、部下Bがおツルさんに部下Aの午前半休を伝えた

部下B:「おはようございます。Aさんから午前半休の連絡がありました」

おツル:「そうなの?なんで?体調不良?」
部下B:「は、はい、そのようです(半休の理由まで書いてなかったな^^;)」

おツル:「昨日は健康そうだったじゃない」
部下B:「普通でしたね(絶好調だったかまでは知らない)」

おツル:「それなのに調子悪いの?」
部下B:「そうみたいですね」

おツル:「ふ~ん、どうして?」
部下B:「さあ?」

おツル:「昨日元気だったのに?」
部下B:「普通には見えましたけど元気だったかまで気にしてなかったです」

おツル:「元気そうだったわよ、それなのにきょうは調子悪いの?」
部下B:「そのようですね」

おツル:「どうして?」
部下B:「どうしてでしょうね?」

おツル:「おかしいでしょ?」
部下B:「体調悪いならしょうがないですよね?」

おツル:「どうして休みなの?」
部下B:「・・・・・・)」

異論ありません2014/05/08 21:36

そろそろ新人が配属される季節になってきた。新人には必ず教育担当が付く。

いつものように唐突におツルさんが自分のパソコンに向かいながら隣の部下に漠然と話を切り出す。


ツル:「今年の新人には○○から学ばせたいのよね」


部下も自分のパソコンの画面から視線を外さずに答える


部下:「そうですね、いずれにしても○○は必要ですしね」


ツル:「去年は△△からやらせたでしょ、本来は○○からだと思うの」
部下:「はい、良いと思いますけど?」

ツル:「去年○○をさせなかった二年目社員にも○○をやらせたいの」
部下:「良いんじゃないですか?」

ツル:「○○からさせるべきなのよ」


ここでおツルさんは部下に体を向ける。部下は仕方なしに手を止めて顔だけをおツルさんに向け答える。


部下:「はぁ、良いと思いますけど?」

ツル:「去年は事情があったから△△からやらせたけどね」
部下:「そうでしたね、去年は仕方なかったと思います」

ツル:「だから今年は○○からやらせたいの」
部下:「そうですね、賛成です」

ツル:「○○からやらせるのが順番ですからね」
部下:「そうですね」


ツル:「△△からやらせるのは順序が違うのよ」
部下:「そうですよね、○○からで良いと思いますよ?」

ツル:「だから○○からやらせたいって言ってるのよっ!!」
部下:「ですよね、異論はありません」

ツル:「異論は求めてませんっ!(怒)」
部下:「・・・・・」


因みにこの部下は教育担当ではない。

5日にする?6日にする?2014/05/05 14:53

「5日にする?5日にする?」

とおツルさん。

「は?」

と部下

今年2014年のゴールデンウィークは3日の土曜から6日の火曜までが連休となる。

おツル「3日は出掛けるって行ってたわよね?」
部下「はい、友達と日帰り旅行です♪」

おツル「私は日曜日は休みたいから5日の月曜か6日の火曜ね」
部下「は?」

おツル「どちらか出てよ」
部下「は?」

おツル「私はどちらでも良いから」
部下「・・・急ぎの何かありましたっけ?」

おツル「○○の件で打合せがしたいのよ」
部下「平日じゃダメですか?(=休出してやる事じゃなかろう?)」

おツル「休み明けが締め切りなの、平日は時間が無かったのよ」
部下「・・・」

値引きの真相は?2014/05/01 02:08

「ねえ、ちょっと」

定時後の夜21時、おツルさんが向かいの席の部下に声を掛ける

ツル:「この見積もり判断して欲しいんだけど」
部下:「何の見積もりですか?」
ツル:「これ」
部下:「何ですか?」
ツル:「今度入れ替えるパソコンの見積もりが妥当かどうか」


席を立った部下は机を回り込んでおツルさんの隣へ移動する

ツル:「A社とB社からの見積もりなんだけど」
部下:「はい」

ツル:「Aの方がBより20万安いのよ」
部下:「安い方で良いんじゃないですか?」
ツル:「でも内訳がね・・・」
部下:「同じ性能なら総合計で見れば良いと思いますよ」

ツル:「内訳のマウス1500円が値引き欄が1550円になってるの」
部下:「あ、そうですね、総額で値引き額に合わせる為でしょうかね」

ツル:「おかしいわよね?」
部下:「総額を落とす為の辻褄合わせでしょう?」

ツル:「う~ん、でもおかしいでしょ?」
部下:「そうですけど総額で判断すれば良いんじゃないですか?」

ツル:「なんで1500円のマウスの値引き額が1550円なの?」
部下:「確かに不思議な記載ですがマウス付いてるわけですし」

ツル:「そうだけど・・どうして値引きが1550円なの?」
部下:「さぁ?明日営業に確認したらどうですか?^^;」

ツル:「なんで?、まさか50円貰えるって事?」
部下:「そんなワケ無いでしょう、総額見れば良いんですよ、私が明日確認しましょうか?」

ツル:「どうして定価より値引き額の方が大きいの?」
部下:「さぁ?^^;」

ツル:「・・・おかしいわよこれ、なんで?」
部下:「さあ?^^;」

ツル:「どうして?」
部下:「私には判りません^^;」

ツル:「この値引き額はなんでこの額なの?」
部下:「・・・・・」


知らねぇよ。