伝言2014/05/10 01:18

おツルさんの部下Bは始業直前に、同じく部下Aから、午前半休を取る旨の連絡を携帯のメールで受けた。部下A、B共に裁量労働なので1分でも出社すれば良く、実際は半休はないので、つまりは午後から出社するという事である、各自の裁量で業務にあたるので何時に出社しようが自由である。

部長であるおツルさんも当然裁量労働であり、始業時刻から15~20分くらい遅れて出社してくるが当然それも自由である。

きょうのおツルさんは始業後10分で登場、部下Bがおツルさんに部下Aの午前半休を伝えた

部下B:「おはようございます。Aさんから午前半休の連絡がありました」

おツル:「そうなの?なんで?体調不良?」
部下B:「は、はい、そのようです(半休の理由まで書いてなかったな^^;)」

おツル:「昨日は健康そうだったじゃない」
部下B:「普通でしたね(絶好調だったかまでは知らない)」

おツル:「それなのに調子悪いの?」
部下B:「そうみたいですね」

おツル:「ふ~ん、どうして?」
部下B:「さあ?」

おツル:「昨日元気だったのに?」
部下B:「普通には見えましたけど元気だったかまで気にしてなかったです」

おツル:「元気そうだったわよ、それなのにきょうは調子悪いの?」
部下B:「そのようですね」

おツル:「どうして?」
部下B:「どうしてでしょうね?」

おツル:「おかしいでしょ?」
部下B:「体調悪いならしょうがないですよね?」

おツル:「どうして休みなの?」
部下B:「・・・・・・)」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数ですが、以下の回答欄にBDと入れて下さい

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://takamo.asablo.jp/blog/2014/05/10/7306659/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。